フィロソフィー

ダウンパスは、適切な水鳥飼育及び羽毛のさまざまな品質基準について、「農業的動物飼育における動物保護に関する欧州協定」で定められた基準をベースとしています。ダウンパスの継続的改善には、科学者、獣医学者、及び動物保護機関が関わっています。

世界中で有効かつ認定されたシステムを施行させ、世界的需要、例えばアジアの新興国といった成長著しい地域でも、倫理的に適切に飼育された水鳥から原料を調達できるようにすることが目標です。 羽毛産業は、衣料品産業と完全に同じ方向を向いて世界中で行動しています。したがって、素材はさまざまな国から調達されています。
ダウンパスは、国内的または西洋的な地域限定のソリューションではなく、調達行動及び消費習慣を国際的に適切に評価するソリューションを提供することを目標としています。

生きた水鳥から採取されていない羽毛のみが使用されていることを保証することが必須条件です。。

品質に関しては、ダウンパスを付けた製品は、そのラベルに表示された記載内容を満たしていなければなりません。その検証は、販売店での試買、またそれに続いて行われる認定検査室での充填物の組成検査によって行われます。

ダウンパスを使用することで、羽毛製品(例えば、ダウンジャケットや羽毛寝袋)だけでなく、流通過程にある羽毛の輸送ロット(例えば、大小のベール)ごとにも、そのガチョウやアヒルの飼育までもトレースすることができます。.